どこからが勃起障害か

男性に特化している現象として勃起障害を挙げることができますが、国内でも勃起障害に悩まされている方も数多く存在していることも事実です。しかし、どこからが勃起障害なのかを判断できない方が存在していることになり、治療薬などを服用するための判断基準として迷ってしまう方も多いものです。どこからが勃起障害かと言えば、非常に範囲は広く設定することもでき、完全に一致する内容では十分な勃起の状態を保つことができずに、性行為を行うこと自体が無理な状態に陥っている方が該当しています。また、一時は勃起状態を保つことができたとしても、実際に性行為に及んだ場合では途中で中折れなどを起こしてしまう方も存在していて、この状態でも該当しています。日によって性行為ができる状態とそうではない状態を繰り返している方も該当していて、アルコールなどを飲んだ後に勃起できない方も該当しています。性行為を行う前は問題がない状態でも、神経的な部分として十分な快楽を得ることができずに、性行為を行う際には勃起不全になってしまう方も対象になります。気分的な部分としても以前は問題がなかった部分として、性行為そのものに対して興味が無くなってしまった方も該当している可能性が高くなります。少しでも以前とは異なる症状が出てしまった方の場合では勃起障害を疑ってみることが良い方法になり、普段の生活スタイルや病気の状態などを総合的に判断してみることもおすすめです。勃起障害の方でも服用薬として優れた薬が開発されているので、薬の服用を試してみる方法でも判断できることになります。薬の効果を実感できた方ならば、勃起障害に該当していることになり、必要に応じて薬を持っていると安定した性生活を送ることができます。

勃起障害になる原因とは

勃起障害になる原因とは、いくつかの原因がありますが、代表的なものとしては、大きなストレスがとても強い原因である、このようにされています。今までに勃起障害を体験したことがなかった、今までそのようなことは1度も起きなかった、そのような人でも、強いストレスなどを体や精神面で抱えると、急に勃起障害になってしまう、このことはよくあるケースです。また、あまりにも強すぎる精神的な苦痛や、肉体的苦痛、例えば会社での酷いパワハラなどによる威圧感や圧迫感、うつ病になってしまうほどの強い精神的なストレスの場合には、肉体そのものが、体そのものが悲鳴をあげてしまうため、普段は何事もなかったことが、出来なくなるようになってしまい、勃起障害もその一つとなってしまうことがあります。このように、強いストレスがかかると、過去にも辛い体験などをした人の場合、まったく性欲や女性に興味を示さなくなり、ただ体があるだけの状態のように、うつのような傾向もみられるようになるくらいです。そのため、勃起障害を治すためには、あまりにも過酷な環境に職場環境などが置かれている場合には、それらを見直すことがとても必要となってきます。また、別の原因としては、栄養不足、かたよった食事生活などもあげられます。また、医師から警告がされているように、短期間での急激な肉体改造及びダイエットなどの減量は、体にとてつもない負担を与えてしまうため、勃起障害になりやすく、このため性機能の分野で、障害が起きやすくなってしまうとされています。これは、近年、ダイエットブームなどでこのような事例が増え、急激な肉体改造などが与える影響について大きく警告したものとなっています。

勃起障害を防ぐには

勃起障害を防ぐためには、まずは何故、これが発生するのかを知っておく必要があります。勃起は、十分な性的刺激を受取ること、それが信号となって陰茎に伝わること、そして陰茎の血管が拡張され十分な血液が流れ込むことが必要です。つまり、この内、どこかひとつにでも問題が発生すると勃起障害は発生することが考えられます。たとえばストレスや肉体的な疲労です。肉体的なストレスは勿論のこと、精神的なストレスがあると性的刺激に集中できなくなることもあるため、勃起に必要なスイッチが入らず勃起障害が発生することがあります。特に性的な事柄に対して嫌悪感や恐怖心があった場合も同様です。ストレスは上手に解消するようにし、もし、性的な事柄対して悩み事などがある場合は、専門医に相談するなどしてそれを軽減していくことが、勃起障害を防ぐためには必要なことです。夫婦間の場合は、子供を授かることに対しての意識の違いが勃起障害の原因になることもあります。ですから、可能であれば夫婦の間で、そのことについた話し合いの場を持っておくと良いです。肉体的疲労も、やはり性的刺激への集中を阻害する要因ですから、早めに解消しておくに越したことはないです。それから性的刺激を伝えるための神経系や陰茎の血管、血流の健康に努めることも勃起障害を防ぐために必要なことです。やむを得ないケガなどで神経系にダメージを負ってしまった場合は仕方ありません。しかし神経系にダメージを与える糖尿病や、血管、血流の健康を阻害する高血圧や動脈硬化、またそれらを要因として発症することもある血管性疾患は、生活習慣に気を配ることで予防が可能です。暴飲暴食は避け、適度な運動習慣を持つようにすれば、勃起障害の予防だけではなく生活習慣病の予防にもつながるので一石二鳥です。

▼お仕事などで生活習慣を中々改善できない方にはこちらをおすすめします
バイアグラ
▼勃起をサポートする効果が最大で36時間の治療薬もあります
シアリス 通販

ページの先頭へ戻る