勃起障害の治療にスタンダードなシリアス

陰茎が反応せずに勃起しなくなった状態、あるいは勃起はしても射精までもたずに萎えてしまう状態を勃起障害と呼び、様々な要因によって起こる症状とされます。多くは生活習慣による血行障害などの器質性、仕事や家庭環境によるストレスからくる心因性で、器質性はED治療薬を使用し、精神的な問題においてはED治療薬と安定剤を併用することがほとんどです。勃起障害の治療薬として使用されるシリアスは、食事の影響を受けにくく、最大では36時間もの効果を持続するためいつ飲んでも大丈夫という心強いポイントがあるため、スタンダードな治療薬として有名です。これまでのED治療薬は食事に影響を受けやすく、食後に飲むと効果が発揮されない、または発揮されるまでに時間がかかるというもので、空腹時でないと服用が難しかったのですが、シリアスは効果が長いことから食事の時間帯を避けて服用できるようになっています。多くの人はその日の朝に服用したり、デートの直前に飲むといった使い方をしています。シリアスの副作用は少ないのですが、効果が長く続くことから強い副作用は認められず、頭痛やめまいも最初だけで徐々に薄まっていくようになっています。短時間で作用するわけではないので、急激な勃起や、全盛期よりも激しい勃起といったもとはありませんが、刺激を受けることでより自然な勃起を促しやすく、ED治療薬を飲んでいることさえ忘れてしまうほどです。海外でも効果が長く続く点が重宝されており、自然な勃起と副作用の少なさでスタンダードな治療薬として認められています。日本でも厚生労働省から認可を受け、専門のクリニックだけでなく、泌尿器科などの一般の病院でも処方されている飲み薬となります。

ページの先頭へ戻る