勃起障害ED治療薬と総合薬の併用失敗に注意

ペニスの働きが悪くなってしまう勃起障害に悩んでいる人には、対策のためにED治療薬を飲んでいるという方が多いでしょう。勃起障害が続くと性生活に支障が出てきてしまうので、結婚している場合には夫婦仲を保つためにED治療薬の助けは欠かせないものです。ペニスに元気をくれるED治療薬は男性にとってありがたいものですが、毎日常用していると他の薬を飲む際には併用に注意が必要になるデメリットがあります。複数の医薬品を飲むと互いの成分が反応して、体に副作用が起こることがあります。ED治療薬もあくまで医薬品なので、他の医薬品も摂取するとするなら副作用が起こる可能性があります。副作用は重篤なものになると、命を落としてしまうことも。

併用で失敗しないため最も効果的な方法は、どのような薬であっても医師に一緒に飲んでも問題はないかを相談することです。風邪などの軽い症状に効く市販の総合薬であっても、配合されている成分の種類によっては服用が起こる確率が高まります。ED治療薬と併用して副作用を起こしやすい成分は、塩酸アミオダロンやニトログリセリンなどの硝酸剤があげられます。塩酸アミオダロンとED治療薬を併用することで不整脈などの脈拍の乱れ、ニトログリセリンなどの硝酸剤をED治療薬と併用すると血圧の低下などの症状が出やすくなります。心臓に持病がある方は、特にこれらの成分を含む薬との併用は避けましょう。

ED治療薬と他の薬を安全に併用するには、かかりつけの医師の元を受診して併用して問題のない薬を処方してもらうことが一番です。風邪などの軽い症状のために薬を飲みたい場合には、薬ではなくサプリメントを飲むことをおすすめします。サプリメントは医薬品ではないので、ED治療薬と併用しても特に問題はないとされています。軽い症状はサプリメントでの対策を行うと良いです。

ページの先頭へ戻る