抗うつ剤による勃起障害には精強剤が効果的?

勃起不全の原因は、人によって様々です。運動不足や食事、睡眠などの生活習慣の乱れ、ストレス、タバコ、病気などが原因になります。しかし多くの場合は加齢による老化現象ですので、それほど心配しなくてもよい場合もあります。
精神的な原因で勃起がうまくできなくなることを心因性EDと呼びます。子供時代に性的虐待を受けたためにセックスに対してマイナスイメージをもってしまっている場合などがこれにあたります。また、セックスで失敗したり、女性からバカにされた経験から勃起できなくなることもあります。
うつ病が原因で勃起障害になる人がいますが、実はうつ病の治療に使われる抗うつ剤で勃起障害になることもあります。薬の効果と副作用は表裏一体の関係にあり、副作用を持たない薬は存在しないと言われています。抗うつ剤には、性欲の減退、勃起力の低下といった副作用があるものがあります。
さて、抗うつ剤が原因で勃起障害になった場合、必ず医師に相談をしましょう。独断で薬をやめてしまったり、他の薬を飲んだりすることはとても危険です。薬の量を減らしたり、副作用の少ない薬に変えてもらうといった対策をしてくれます。あるいは、副作用はあるもののうつ病に対してとても効いているという場合には、そのまま様子を見ることもあります。抗うつ剤の副作用としての勃起障害は、一時的なものであり、薬をやめれば元に戻るからです。
精強剤を飲むのも効果的です。精強剤は、ED治療薬とは違って、薬ではありません。健康食品ですので、抗うつ剤と一緒に飲んでも問題ありません。食材の栄養成分が凝縮されたのが精強剤ですので、栄養不足にも効果があります。
他には、適度な運動をして、睡眠をしっかりとって、ストレスを溜めないようにするといった基本的な対策もしっかりするとよいでしょう。

ページの先頭へ戻る